アイコン化してシンプルパンフレット作成

メインイメージ

ロゴマーク

パンフレット作成の豆知識、ロゴマークのモチーフについて

パンフレット作成を自社で行う場合、デザイン制作において素人っぽさが出てしまうなどの理由からも、制作会社に依頼をするケースが多く在ります。
制作会社は魅力あるデザインを作り上げるなど、パンフレット作成におけるノウハウを持つ会社でもあり、パンフレット作成の専門家でもあるわけです。
因みに、専門家の中には制作会社だけではなくフリーランスなどの専門家も存在しており、制作会社と比較をした場合、短期間で制作が出来る事、価格が安く済むというメリットを持つケースも在ります。
パンフレット作成の依頼をしたいクライアント側、案件を受けたいフリーランスなどのクリエイター側を惹き合せてくれるマッチングサービスとして存在しているのがクラウドソーシングサイトを利用する方法も在るなど、依頼先と言うのは大きく分類すると3つの方法が在ると言う事になります。

パンフレット作成では文章を読み手に理解し易く表現をすると言う事が求められますが、案内を文章だけで表現する場合、意味合いが通じにくくなることもあります。
イラストなどを利用して文章を補足すると言った工夫を行う事で、読み手に解りやすくし、しかも親切な案内としての文章を作り上げる事が出来ます。
また、会社のロゴマークなどを作成する場合、ロゴマークの電子データが在ればそのまま利用する事は可能になりますが、新しく会社を作った場合、店舗などで利用するパンフレットにロゴマークを作りたい、公共施設内で使用するパンフレットなので親しみやすいロゴマークを作りたいと言ったケースが在ります。
ロゴマークを作る上で大切な事は、イメージを明確化させること、そしてモチーフを選定すると言った事が求められます。

施設や会社などがパンフレット作成を行う場合にはコンセプトを作り上げていきますが、コンセプトからモチーフを選定する方法が在ります。
ロゴマークと言うのは一般的にシンプルな図と文字で作り出されているものとなりますが、ロゴマークには企業などの歴史、経営理念と言ったことが盛り込まれており、コンセプトを明確にしておくことで、デザインを作り上げるクリエイターは着想を得ることが出来るため、色々なアイデアを出すことが可能になります。
そのため、クリエイターは明確にされたコンセプトを基にして、モチーフや色を定義してデザインを作り上げてロゴマークを作り上げていくことになると言う事です。
尚、モチーフには様々なものが利用されるのですが、パンフレット作成を行う企業、施設と言った名称の頭文字、名称から得ることが出来る語感から連想することが出来る物をデフォルメするなどして図案化させていくことが出来ます。

最近の投稿