アイコン化してシンプルパンフレット作成

メインイメージ

パソコンや配布環境

パンフレット作成を行うパソコンや配布環境について

パンフレット作成を行う方法には制作会社を利用して企画から印刷までを一貫して依頼する方法、自社でパンフレット作成を行って、作成した原稿やデータを入稿して制作を行う方法などが在ります。全ての作業を制作会社に依頼をすることで魅力的なパンフレット作成が可能になりますが、商品知識を持つのは自社で在る事、魅力を伝えるアイデアを持つなどの理由からも、データを作り上げてパンフレット作成を行う企業も在ります。
尚、データを作り上げて制作を行う場合にはパソコン環境に対する注意点が在ります。
パソコン環境はデータを制作するパソコンと印刷会社が利用しているパソコンでは環境そのものが異なるため、自社のパソコンでデータを開いた時は正しく表示されていても、印刷会社のパソコンでデータを開くと、表組が崩れてしまったり、文字化けが起きてしまったり、全体のレイアウトが崩れてしまい、そのまま印刷に利用することが出来ないケースが在ります。

表組が崩れる、全体のレイアウトが崩れると言った症状の場合は、データ入稿後に印刷会社などに依頼をして修正が可能になるため、パンフレット作成を行う場合には印字を行ったサンプルをデータと一緒に添付を行う事が大切です。
しかし、文字化けと言う症状は修正を行う事が出来ないため、環境の違いを考えておいて、特殊なフォントを利用してパンフレット作成を行う場合には文字を図形に変換させてのアウトライン化が必要となります。
アウトライン化は、図形と言う形で文字が作り出されるため、環境に依存しないと言ったメリットが在りますが、文字をアウトライン化させて図形にすると、修正を行う事が出来ないため注意が必要です。

パンフレット作成が行われた印刷物は顧客に対し、製品、商品、サービスと言った魅力を伝える目的が在るわけですが、配布する方法には営業マンや担当者などが顧客に説明を行う際に手渡す方法、専用のラックに印刷物を入れておいて、顧客が印刷物を選んで持ち帰る方法などが在り、配布する方法に応じて伝え方の工夫を取り入れる事がポイントになってきます。
特に、自由に持ち帰る事が出来る印刷物と言うのは、自社製品だけではなく他社製品の印刷部の案内が一緒に置かれているなどの環境も在るため、競合他社に対しての差別化を図る工夫を行う事、表紙にデザインを取り入れて印刷物を目にする人に対する関心や興味を抱かせると言った工夫を行うなどが必要になります。

最近の投稿